婚約指輪は必要?婚約指輪をもらっていない花嫁が増えている

婚約指輪の必要性について考えよう!

プロポーズをするとき、男性から女性に婚約指輪を贈る人が多いと言われています。また、そのときに渡せなくても、後日、二人で婚約指輪を選ぶ場合もあります。婚約指輪は女性だけが身に付けることから、指輪に期待する女性も少なくないでしょう。
その一方で、婚約指輪がもったいないと思う人もいるかもしれません。特に、婚約指輪を用意する男性にとって、そのための費用捻出が大きな課題ですよね。結婚後の家計費をどうするかは個々によって異なります。しかし、男女それぞれが出し合うにしても、結果的には家計の圧迫につながるのではないでしょうか。もちろん、婚約指輪に限ったことではありませんが、結婚に向けての無駄な費用は控えたほうが賢明かもしれませんね。

お互いが納得することが大事!

結婚に向けてはいろいろな儀式があります。その1つとして「結納」は代表的な存在です。また、昔から続いている儀式のため、それを望む親御さんも少なくないでしょう。結婚式を挙げることも例外ではありません。
しかし、大切なのは結婚する男女の気持ちですよね。結婚はゴールではなく、新生活へのスタートだと捉える必要があります。結婚準備で無理をしたために、新生活にしわ寄せがくると本末転倒。見栄を張るのはよくありません。
このような考え方は、婚約指輪を贈るかどうかについても通じるのではないでしょうか。もちろん、男女のどちらかが不本意な想いをすることは避ける必要があります。結婚指輪を用意するかどうかは、今後の人生設計を慎重に考えた上で、お互いに納得した上で決めましょう。

婚約指輪を銀座で買いませんか。世界的に有名なブランドからカジュアルでキュートなセレクトショップまでそろっています。